【FFXI】FF11復帰・新規者ガイド2017年版・準備編

Final Fantasy XI-2017年版ガイド

【FFXI】FF11復帰・新規者ガイド2017年版・準備編
【FFXI】FF11復帰・新規者ガイド2017年版・その1 基礎編
【FFXI】FF11復帰・新規者ガイド2017年版・その2 フェイス編
【FFXI】FF11復帰・新規者ガイド2017年版・その3 星唄その1

FFXIも今年で15年目となります。去年末から復帰者キャンペーンを行ってきましたが、おそらく春頃にまた復帰者キャンペーンが行われることでしょう。

サービス開始が15年前ですので、2~3年前のノートPCでも問題なくプレイできます。ちなみに自分はタブレットPCのWindows10でプレイしておりますが、特に問題なくプレイできています。Macで仮想PCソフトを使ってプレイしている剛の者も結構いるようです。いずれにせよ、ここ数年以内のWindows環境であれば問題なくプレイできると思います。

復帰・新規に必要なコンテンツは?

今はFinal Fantasy XIクライアントソフトを無料でこちらからダウンロードできますが、プレイするためにはスクウェア・エニックスのアカウントと登録が必要です。

復帰の人もアビセア以前でやめてた人はヴァナ・ディール コレクション4を購入した方が、追加分の残りを買うよりもお得です。

ヴァナ・ディール コレクション4は通常5500円ですが、定期的に割引セールが行われていますので、購入予定の方は公式ページをチェックしてみましょう。ちなみに2016年11月の復帰者セールでは1980円でした。追加ディスク&シナリオが各980円ですので、時期を選べばとてもとてもお得です。

追加シナリオの禁断の地アビセア、アビセアの死闘、アビセアの覇者はエンピリアン関係の装備が欲しい場合に必要になります。しかし、現在ではオーグメントによる能力強化システムにより、これらの装備より強力な物も多数あります。

また、追加シナリオの石の見る夢、戦慄!モグ祭りの夜、シャントット帝国の陰謀の3本は、現状まったく導入する意味が無いものです。

以上の点から、
・新規・アルタナ以前から復帰組:ヴァナ・ディール コレクション4
・アルタナの神兵まで購入組:アドゥリンの魔境を追加購入
以上を購入すれば現状のコンテンツはほぼ問題なくプレイできます。

スクウェア・エニックス・アカウントの登録

アカウント登録からプレイするまでの流れはこちらに詳しく載っています。手順としては、

  1. スクウェア・エニックス・アカウントの登録
  2. プレイオンラインの登録
  3. FINAL FANTASY XIオプションの登録

と、なります。

スクウェア・エニックス・アカウントを持っていない人はこちらから新規登録する必要があります。

またログインにはソフトウェアトークンが必要になりますので、こちらを参照してスマホなどにインストールしてください。

スクウェア・エニックス・アカウントにログインしたら、FINAL FANTSY XI/PlayOnlineをクリックし、ファイナルファンタジーXIのサービスアカウントにアクセスします。
アカウントを登録する
ここからまずプレイオンラインの登録を行います。以前のプレイオンラインアカウントを持っているのなら、こちらで移行手続きを行います。

次にサービスアカウントの登録でファイナルファンタジーXIと追加シナリオのコードを入力します。登録するとプレイできるようになります。
登録の確認

FFXIをインストールし、プレイオンライン登録

登録が終わったら、FFXIをダウンロードし、インストールし、FFXIのアイコンから起動させます。初回はPOLのアップデートがありますので、更新されるのを待ち、プレイオンライン・アカウントの登録とスクウェア・エニックス・アカウントの登録をします。
POLメンバーの設定
登録が終わったらPOLにログインして、FINAL FANTASY XIを選択。約30分アップデートを待ちましょう。アップデートが終わってタイトル画面まで行ったら一度すべて終了させます。

FFXIタイトル画面

タイトル画面まで進んだら一度すべて終了させよう

FINAL FANTASY XI config設定

始める前に設定しておこう

始める前に設定しておこう

FFXIの設定をします。スタートメニューからPlayOnline→FINAL FANTASY Configを起動させてください。Configが図の項目より少ない場合は、一度FFXIを起動させてアップデートさせる必要があります。

必ず設定した方がいい項目としては、最初のタブで「ウィンドウモード」にすることです。これでプレイ中にブラウザで攻略の参照などができます。

次のタブでに自分のディスプレイサイズに合った画面設定をします。昔と違って今は解像度サイズ設定が豊富ですので、regeditを使う必要はありません。regeditはメニューにないサイズで細かく微調整したいときに使うとよいでしょう。

おすすめとしては16:10比率で、Back BufferはFront Bufferと同じか大きめで、Menu Bufferは文字のサイズに関係するので、Front Bufferより小さめです。

その他項目は上の画像を参考に、自分の環境に合わせて設定してください。

キャラクターは作成か継続か

復帰者は課金停止していた場合、新規で作っても問題ないと思われます。昔と違ってギルも簡単に稼げますし、装備もILがない頃のものなら今はそれ以上の装備が簡単に手に入るからです。課金停止していた場合、キャラデータ自体がサーバから消えている可能性もありますので、この場合も新規ですね。

継続するメリットとしては所持金、アイテムと合成レベルです。アドゥリン(2013年実装)以前の装備で現状最前線コンテンツで使用できる物は守りの指輪クラーケンクラブ(限定下)ぐらいなので、盾ジョブで守りの指輪を持っていないならキャラを引き継がないで新規で始めてしまってかまいません。

合成も今では素材の入手手段も増えてわりと簡単に上げられるので、彫金・鍛冶などのお金がかかるものでなければ新規で比較的簡単に60まで上げられます。

以上の点からアドゥリン以前で休止した人でフレンドやLSが今でもいるならそのままのキャラで、今までのキャラにこだわりがなければ新規でスタートしてしまって問題ありません。

キャラメイク

キャラメイクは自由に作ってOK


新規で始める人は種族・性別はどれでもかまいません。昔は種族差でジョブで向き不向きがありましたが、今は調整されて種族間の能力差は誤差の範囲内ですので、最終的にどのジョブでも問題なくプレイできます。

最初のジョブはシーフにしましょう。これはLv15、45、90でおぼえるトレジャーハンターというスキルが、敵からのアイテムドロップ率を格段に上げるというものなので、クエストやミッションの進行速度にも影響します。また合成でモンスターからのドロップ品などを使う場合にも便利です。

シーフの戦闘力は低めですが、フェイスでそれをカバーできるので、問題ありません。他のジョブはシーフをLv49(サポレベルMAX)にしてからでも遅くありません。

ワールド(サーバー)はAsuraは止めましょう。Asuraワールドは海外ではワールド選択の一番上に表示されるのと、NAの公式配信で使用されたため、実質海外専用となってます。現在総人口が突出して多いのが電撃やファミ痛のライターがいたOdinです。次にBahamutが続き、以下はそれほど差はありません。

これでプレイする準備が全て整いました。冒険を始めましょう!

ヴァナ・ディールへようこそorおかえり!

ff11復帰・新規
次→【FFXI】FF11復帰・新規者ガイド2017年版・その1 基礎編

(C) 2002 – 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.