Update 2005.3.17
All About Oba-Q!
〜 オバケのQ太郎のすべて 〜
オバQについてのいろいろなことを、Q&A形式でお答えするコーナーです。
よくある質問から追加していきますので、ときどきチェックしてみてくださいね!

コミック・書籍・TVなどのメディア全般について

オバQのコミックスが欲しいのですが…文庫版とか出てないのですか?

 『オバケのQ太郎』の単行本は、虫プロ商事版『オバケのQ太郎』(全20巻)小学館てんとう虫コミックス版『オバケのQ太郎』(6巻+新4巻)、そして中央公論社藤子不二雄ランド版『オバケのQ太郎』(20巻+新7巻)の3種類が存在します。

 しかし、虫プロは会社自体が倒産したため絶版。小学館もすでに増刷を行っておりませんし、藤子不二雄ランドも一部を除いて1刷り限り。そんなわけで、1988年あたりの増刷を最後に、『オバケのQ太郎』のコミックスは完全に絶版状態です。

 現在、虫プロ版は1冊あたり1万円、てんとう虫版・藤子不二雄ランド版も1冊1,000円〜3,000円ほどで取引されているのが現状です。

 また、すっかり一般に定着したマンガ文庫ですが、これだけの人気にもかかわらず、現在どこの出版社からも出版されておりません。これは著作権の問題のためで、詳細は別の機会に書きますが、これが解決されない限り、オバQが出版されることはありません。

 古本屋などに行ったときに、こまめにチェックを入れれば、運が良ければてんとう虫版・藤子不二雄ランド版は手にはいることもあるでしょう。また、多少割高ですが、インターネットのオークションに出品されてるときもあります。

 いずれにせよ、今日ではオバQのマンガを手に入れるのは、非常に困難です。

Q太郎の知られざる素顔

オバQって、誕生日はいつなの?

 Q太郎はオバケの国から「たまご」の状態のまま(おそらくは両親の手によって)人間界にやってきました。

 「たまご」から生まれたのは、1964年(昭和39年)2月28日で、Q太郎自身も「生まれたのが(昭和)39年2月28日だから」と言ってます(FL17巻)。これは週刊少年サンデー連載開始(S39年6号・発売日)の日です。

 その日、正太はゴジラ達と忍者ごっこ(まだウルトラマンも仮面ライダーもなかった時代!)で遊んでいました(1巻)。集合時間に遅れた正太は、一人だけ悪役にされていました。そんな時に見つけたたまごがQ太郎の「たまご」でした。

 正太が不審に思って、たまごを地面に叩きつけたところ、中から飛び出してきたのがQ太郎だったのです。

*** TOPページへ ***